ヤミ金の実態に迫る

ヤミ金の実態


闇金は都道府県に貸銀業者としての登録を行っていないものばかりではなく、登録している番号を隠していたり偽の番号を表示する業者もいますが、違法な金利を要求している点は共通しています。

有名な大手の金融業者であるかのように装って連絡をしてくる闇金業者もいることから、最初は一般の人では闇金業者であることを見抜くことが難しいケースもあり、利用の申込みをしてから闇金業者であることに気付くことも珍しくありません。

貸金業者の広告には固定電話の表示が必要であることから、連絡先が携帯電話しかない表示されていない場合は、闇金業者であると判断をしても間違いではないでしょう。

お金を借りるまでは良いことばかりを言ってお金を借りるようにと接して来ますが、一度返済が滞ると追い込みとも呼ばれる過酷な取立てを行い、利用者の生活を脅かして行きます。

借りる時には想像もできないような暴力的な口調や方法で取立てが行われることもあり、それが返済をするまで続くことになりますので、通常の金融機関から借入をするような感覚でいると、大きなダメージを受けることになります。

このような行為を繰り返す闇金を取り締まろうと警察などが監視をしていますが、闇金業者も次々と新しい手口を考えたりしますので、簡単に取り締まることができないのが実情です。

連絡先を携帯電話などだけにして、その実態が掴みにくいように工夫していることも、取締りが進まない原因の一つとなっています。