ヤミ金から身を守る方法

ヤミ金防御対策


ヤミ金からお金を借りてしまうと経済的に破綻をする可能性が高いので、ヤミ金とは関わりを持たないように注意をするべきです。

大手の金融機関の関連会社のように装って、電話やチラシなどで勧誘して来ることもありますで、ヤミ金業者とは知らずに取引を始めてしまう人もいますが、財務局長や都道府県の知事の登録を受けて貸金業を行っているのかを確かめることで、ヤミ金業者かどうかを確かめることができます。

ヤミ金業者の多くは貸金業者の登録をせずに、貸金業を営んでいますから、無登録の業者とは取引をしないようにするのが無難です。
貸金業者として登録をしている業者でも、違法な行為を隠そうと偽の登録番号を広告に使っていることもありますので、様子がおかしいと感じた時には都道府県の貸金業担当者に連絡をして確認する必要があります。

そして、実際に借り入れる時の金利を見れば、明確に判断をすることができます。

法律では年20%を超えるような金利は違法とされています。
そのため、この金利を超える金利が設定されているのであれば、間違いなくヤミ金業者ですので決してお金を借りてはいけません。

10日借りただけで1割や2割の金利が要求されることもありますので、数万円程度のお金を借りてもすぐに返済できないような金額になってしまいます。

一度ヤミ金と取引をしてしまうと、しつこく勧誘されたり厳しい取立て受けるなどして、精神的に疲れてしまいますので、そのような状態にならないように怪しい貸金業者には近付かないようにすることが大切です。

ヤミ金の恐ろしさについて