ヤミ金が行う取立て方法にはどのようなものがあるのでしょう

ヤミ金の取り立て方法

ヤミ金の最も多い取り立て方法が、電話による取り立てです。

 

ヤミ金は契約時に、勤務先や家族、時には親戚の連絡先まで契約書に記入させます。
そして、取り立ての際に、勤務先や家族、親せきに電話してくるのです。

 

それも、執拗に電話してくるので、会社での評判が落ち退社せざるを得ないというような状況に追い込まれることもありますし、家族や親せきがおびえて、情緒不安定になってしまったりもします。

 

そして、最もつらい思いをするのは、周囲に迷惑をかけている本人ですが、電話を止めさせることはできません。

 

また、その他の手口としては、周囲の人から借金をして返済をするように仕向けることです。
言いなりになれば、社会的信用はどんどん落ちていきますが、返済しない訳にはいかないので、要求されるままに、周囲の人から借りられるお金を集めて返済に充てることになります。

 

周囲の人からも借りつくしてしまったことがわかると、クレジットカードの現金化や口座の売買などを持ちかけてきます。

 

その他には、購入した覚えのないものが、宅配便で大量に送りつけられて来たりすることもあります。

 

なぜ、要求されるままに、周囲の人からお金を借りたり、クレジットカードの現金化や口座の売買などをしたりしてしまうのかといえば、ヤミ金に要求されている迷惑行為や犯罪行為をしてでも、電話攻撃などのヤミ金が仕掛けてくる嫌がらせから逃れたいという心理に追い込まれるからです。

⇒ヤミ金が使う詐欺の手口はこちら

 

 

このような状況を打開するには、警察や専門家に相談するしかありません。

 

警察や専門家からの電話で、嫌がらせや取り立てが終わることもあるからです。

 

一般人の法律の知識では太刀打ちできないような場合でも、警察や専門家は、ヤミ金のしている行為がどの法に抵触しているかを熟知しているので、適切な警告を行うことができるからです。

 

ヤミ金の嫌がらせや取り立てに負けて、自分自身が犯罪に加担するような状況にならない為にも、警察や専門家に相談することが大事です。