特定調停とは?

特定調停


特定調停とは、簡単に言ってしまえば「裁判所を交えた」任意整理のようなものです。
任意整理は裁判所を介さず直接債権者と交渉するのに対し、特定調停は裁判所の調停委員を交え、借金の支払額についてやその後の返済方法などについて話合います。

特定調停までの手続きは特定調停法(特定債務等の調整の促進のための特定調停に関する法律)に基づき行われます。
この法律は民事調停法の特例として平成11年12月17日に公布、翌年2月17日に施行された、比較的新しい法律です。
なお、この調停を行うのに債務の多寡は問われないため、債務が少額であっても調停の申し立てをすることが可能です。

特定調停のメリットとデメリット

特定調停のメリットとして、裁判所を介するため安心できる、調停委員が調整を行ってくれる、費用が安価で手続きも簡単、といった店をあげる事ができます。
さらに、裁判が非公開なため調停の事実が第三者に知られる事もありませんので、債務の存在を他者に知られたくない方にも最適な方法といえます。

デメリットとしては、借金減額の正当性がないと調停が不成立となってしまう、債権者を調停に参加させる強制力が無い、信用情報機関に事故情報(ブラックリスト)として載ってしまう、等があげられます。