ヤミ金は様々な手口で詐欺行為を行います。

クレジットカード詐欺は、ヤミ金業者から借金の返済が滞ると、ヤミ金業者が勧めてくる方法で、返済をする資金を捻出するために、と言ってクレジットカードでショッピング限度額まで買い物をさせ、その商品を返済額の一部として、安価で買い取るというものです。

 

結局、返済できるのは借金の一部であるため、借金は残り、クレジットカード会社には新たなローンが発生してしまうので、返済の助けになればと思いしたことが、かえって借金を増やすことになってしまいます。

 

紹介詐欺は、チラシやダイレクトメールで呼び込んだ利用者に、自社からは貸し出しができないので、ヤミ金が紹介した他のクレジット会社で借りるようにという指示を出し、紹介料をだまし取るやり方です。

 

この詐欺の場合、紹介先のクレジット会社も、仲間のヤミ金である場合と、関係ない消費者金融の場合があります。

 

関係ない消費者金融であるにもかかわらず、利用者は紹介があったから借りられたと思い込んで、ヤミ金に言われるまま、紹介料を支払ってしまいます。
紹介先が、仲間のヤミ金だった場合には、そこでまた新たな手口の詐欺にあい、借金を増やすことになってしまいます。

 

押し貸し詐欺は、本人の気がつかないうちに、銀行口座に現金が振り込まれ、気がついた時には、ヤミ金から借金をしたことになってしまっている為、高額な利息を請求されるという手口の詐欺です。

 

銀行口座に、意味不明の振り込みがあった場合には、すぐ銀行と警察に知らせましょう。

 

年金担保詐欺は、年金を担保に貸し付けをする詐欺で、年金証書や通帳などをだまし取って、年金をヤミ金業者が受け取るという極悪非道な詐欺です。

 

高齢のご両親と別れて暮らしている場合には、時々そのような詐欺にあっていないか、確認してあげることが必要です。

 

一本化詐欺は、弁護士事務所などの名前をかたり、多重債務を一本化して、返済を楽にするようにサポートしますといって、何もせずに、手数料だけをだまし取るという手口の詐欺です。

 

 

この他にも、ヤミ金は様々な手口で、一般人を騙します。
そして、法律の網をかいくぐって、次々に新しい手口を編み出していますので、十分に注意しましょう。