リボ払いは支払い回数が多くなるほど利息が高くなり、借金の総額に気づきにくいです。

リボ払いで借金

クレジットカードなどへの支払い方法の1つとして「リボ払い」という方法があります。
クレジットカードによっては「リボ払い専用」のクレジットカードを用意しているところもあります。

 

「リボ払い」とは正式名称で「リボルビング払い」と言い、毎月設定した一定額を返済する方法です。

 

例えば分割払いであると購入した金額のうち、設定した回数にあわせた金額を支払いますが、リボ払いだといくら使用しても決められた一定額を支払う事で済むのです。
この説明だけ見るとリボ払いは使いやすいように見えるのですが、実はリボ払いをする事で借金が膨れ上がってしまうことがあるのです。

 

 

借金の総額に気付かない

毎月一定額だけ支払っていると、「今自分はいくら借金しているのか」ということに気付きにくくなり、いつしかクレジットカードの利用上限金額が上限になってしまった、という事があります。

 

 

利息が高い

利息が高くてビックリする女性

クレジットカードを利用した場合、一括で返済すると利息はかかりません。
しかし、分割払いにすると「利息」が発生します。
分割払いの利息は支払い回数が多くなるほど高くなっていきます。

 

リボ払いの場合、多くのクレジットカードは「年利15%」の利息がかかるようになって行きます。

 

例えば50万円をクレジットカードを利用しその返済を10,000円した場合、利息は50万円の年利15%の「75,000円」がかかっており、それを12ヶ月で割るわけですから毎月「6250円」の利息を返している事になり、実際に返済している金額は残りの「3,750円」だけになるわけです。要するに利息のほうを多く返しているわけです。

 

 

リボ払いで借金が膨れ上がらないようにする為に

一番よいのはリボ払いをやめて一括で支払ってしまう事です。
しかし、現実的には難しいと思うので、リボ払いの金額を上げ、少しでも返済額を増やすようにするとよいでしょう。