相続放棄は相続発生後3ヶ月以内に親の住民票のある管轄の家庭裁判所で手続きをします。

親の借金

親が亡くなった場合、財産など遺産があれば配偶者と子供に割り当てられます。
しかし、親が残すのは財産だけだとは限りません。

 

中には借金を残したまま亡くなってしまう可能性もあります。
また、子供が親の借金を知らないままに親が亡くなってしまった、ということも考えられます。

 

親が借金をしてなくなった場合、その借金は子供が相続しなければならないものなのでしょうか?

 

相続権は存在する

借金があろうと無かろうと、金銭等の相続権は子供にあります。
ですから、そのままの状態にしておくと借金を相続することを認めてしまったことと同じ事になってしまう為、お金を借りた債権者から取り立てや催促がきても
それに対応しなければいけない義務が生じます。

 

また、本人に借金が無くても何かしらの保証人になっていた場合、その保証義務も相続する事になります。

 

 

相続放棄する

このように親の借金を相続しないようにするためには「相続放棄」の手続きをする必要があります。
相続を放棄する訳ですから、親の債務を引き継ぐ必要がなくなるわけです。

 

相続放棄の手続きは親が亡くなって相続が行われると「知った日」から「3ヶ月以内」に親が住んでいた住所の管轄である家庭裁判所に「相続放棄申述書」を提出する必要があります。

 

相続放棄申述書と一緒に

  • 親が死亡した記載がある戸籍謄本
  • 親の住民票の除票
  • 自分の戸籍謄本
  • 収入印紙
  • 切手

などが必要になります。

 

相続放棄のイメージ画像

裁判所に直接持参する方法だけでなく、必要書類と一緒に郵送する方法もあります。
その後家庭裁判所から相続放棄申述受理通知書」が郵送されてくれば相続放棄が完了する事になります。

 

親の借金の有無がわからない場合、金融機関の信用情報機関に情報の開示請求を行うことで調べる事が可能になります。