任意整理をする

任意整理


任意整理とは、裁判ではなく裁判外の手続きによって債権者との間で「借金を免除、または減額する」手続き交渉のことです。
一昔前までは債務整理=自己破産という考えが主流でしたが、グレーゾーンでの金利が違法と判断され、過払い金の返還請求が行えるようになった事で、このような方法が可能となりました。
つまり、債務と払いすぎてしまった金利分(いわゆる過払い金)を相殺し、借金を免除若しくは大幅に減額してもらい、自己破産をせずに借金を返済するといった方法です。
なお債務がもし残ってしまった場合でも、交渉次第では残りの分については分割にしてもらえる場合もあります。
交渉の方法は様々ですが、弁護士や司法書士といった法律家若しくは専門家に代理してもらい、債権者と交渉するケースが多いようです。

任意整理のメリットとデメリット

任意整理の最大のメリットは、破産者とならずに債務整理を行うことができる点です。
また、裁判所を通さずに行うことができるため、周囲に債務の存在が知られる事無く債務整理を行うことができます。
さらに、もし過払い金を相殺して借金返済に充ててもなお返還がある場合、それを受け取る事もできます。

デメリットとしては、信用情報機関(ブラックリスト)に記載されてしまうため、5年間から7年間の間は金融機関から融資を受ける事ができなくなる可能性が高いです。
さらに、あくまでも裁判所を通さない債務整理であるため、交渉が難航する事があります。