ヤミ金と消費者金融の違いを知っておきましょう

ヤミ金は金融業者ではありません

消費者金融は、営業所のある地域の財務局長、又は、都道府県知事の登録を受けている貸金業者です。

 

登録業者は、出資法で定められている上限金利20パーセントを守って、消費者に貸金をすることで利益を上げますが、登録していないヤミ金は、上限金利を守らないだけではなく、様々な手口で利用者を騙し多額の債務を負わせます

 

ヤミ金の多くは、有名な銀行や消費者金融との関連会社であると勘違いさせるような会社名をつけていますが、名前に惑わされず、登録された正規の金融業者であるかどうかを、契約前に確認することが必要です。

金融庁のホームページには、登録貸金業者情報検索サービスというコーナーがありますので、そこですぐに検索することができます。

http://clearing.fsa.go.jp/kashikin/index.php

 

でも、実はヤミ金に狙いをつけられた人には、登録されているかどうか検索して…と言うような冷静な判断はできなくなっている場合が多いのです。

 

ヤミ金は、消費者金融で借金を繰り返している人、多重債務者となっている人などの情報を持っています。
そしてその情報を基に、ダイレクトメールやファックスを使って、利用者をおびき寄せます。

 

多重債務者が、新たな融資を断られるような状態になっていることを知っているので、即日融資、ブラックでもOK、審査なしなど、困っている人が飛びつきたくなるような内容のチラシや看板でおびき寄せる場合もあります。

 

これにつられて、うっかり連絡してしまったら、もう罠にかかったのと同然です。

 

一般人には想像もつかないような語り口で融資を申し出るので、気がついた時には、金利も確認せず、現金を手にしていたということになってしまいます。
話を聞いている時には、そのくらいなら返済できそうだと思わせる話術が巧妙だからです。

 

でも、そこで手にした現金には、法律で定められている上限金利をはるかに超えた金利がついているので、少額な融資を受けただけのはずが、到底返せないような額の借金になってしまいます。

 

そうならないようにするためには、ヤミ金と消費者金融の違いを知っておくことが大切です。