過払い金請求をしよう!

過払い金請求


過払い金とは、金利を多く払い過ぎてしまった分のお金の事です。
なぜこのようなお金が発生するかといいますと、総額10万円~100万円を借りた場合、利息制限法での上限は18%となります。
にもかかわらず、金融機関は出資法で定める上限である「29.2%」を用いて貸し出しを行っていました。
すなわち、出資法で計算した方が金融機関に有利となり、利息制限法で計算した場合は消費者が有利となるわけです。
この18%~29.2%の間の金利がいわゆる「グレーゾーン金利」です。

そして裁判所は「貸金業者は、利息制限法で定められた以上の過払い金を、債務者に対し返還しなければならない。」という判決を下しました。
そのため、金融機関は今まで貰いすぎた金利を債権者に対し返還する義務を負うことになったのです。

返還請求は現在返済中でも、完済している場合でも行うことができるため、特にデメリットも無く行うことができます。
過払い金返還請求ができる期間は、完済から10年間の間で、それを過ぎてしまうと時効により消滅してしまいますので注意しましょう。
なお消費者金融が倒産していた場合も同様ですのでお気をつけください。
またヤミ金に関しましても、回収が困難となる場合があります。そうした場合には専門のヤミ金相談事務所へご相談ください。

返済が長期間に及ぶほど、過払い金は高額になりますので、気になる方は専門家、又はそれに類する期間などで一度ご相談されるとよいでしょう。