欲しいものがあると我慢できなかったり、ギャンブルにハマってしまう人は要注意です。

借金をしてしまう人の性格

どうしてもお金が必要になることは誰にでも多々起きるものですが、繰り返し何度も借金をしてしまうという「借金癖」がある人も存在しています。
そういった借金癖のある人は必ずと言っていいほどある「特徴」があります。

 

我慢が出来ない

例えばちょっと高いものが欲しくなったり、趣味でやりたい事ができたとき、ほとんどの人が「金銭のやりくり」を考えます。
「今自分が持っているお金で達成できるものか」とか、「どのくらいの期間貯金できれば達成できるか」などお金の予定を立てるものです。
しかし、自分の手持ちのお金が足りないにもかかわらず、どうしても「我慢」ができずに「今すぐ実行したい」と思ってしまった場合、借金をしてでも達成しようとする人もいます。
その場合、周りにその欲求を止めてくれる人がいれば踏みとどまる事もできる人も多いのですが、そういった人がいない場合、安易に借金をしてしまうことがあります。

 

ギャンブル癖がある

ギャンブル依存症イメージ

借金を繰り返す借金癖のある人の多くはギャンブル癖がある人です。
ギャンブルは一度当たると大きな金額を得ることも出来ますが、当たらない場合、一度にたくさんのお金を失ってしまいます。それでも当たったときの快感を忘れる事が出来ず、ギャンブルを繰り返してしまうのです。
こういった人は手持ちのお金が無くてもギャンブルに対する欲求を抑える事が出来ない「ギャンブル依存症」である人が多いのが特徴です。
近年では心療内科などで治療する事で改善できる可能性があります。

 

借金癖を治すために

一番よいのは「借金を出来ないようにすること」です。
また、膨れ上がった借金を代わりに返してしまうのはおすすめしません。
周りの人たちが弁護士などの専門家に相談してみるとよいでしょう。