銀行口座の売買について

ヤミ金業者の手口は、まず、返済できないような状況に追い込んでおいて、親切なふりをして、良い方法がありますよと言って、様々な詐欺を仕掛けてきますが、口座の売買もその一つです。

 

銀行に口座を作って、それを売ってくれれば、返済期限を延ばしてあげましょうとか、返済額を減らしてあげましょうと持ち掛けてくることもあるし、返済できない以上は、もうこの方法しかありませんと脅迫してくる場合もあります。

 

利用者に作らせた銀行口座は、ヤミ金融の集金の他、オレオレ詐欺や振り込み詐欺の集金の為に使われるので、銀行口座を売ることで、詐欺犯罪に加担したことになってしまいます。

 

また、銀行口座を売るということ自体も、法を犯す行為です。
自分が使う目的ではなく、他人に渡すために銀行口座を作ることは詐欺罪なのです。

 

ヤミ金に買い取られた銀行口座は、いずれ摘発されますが、その時には、あなたの口座が摘発されたことになり、警察から、オレオレ詐欺などの疑いで取り調べを受けることになったり、銀行口座が凍結されたりし、法的には、50万円以下の罰金が科せられます。

 

しかも、金融業界が共通して保持している信用情報のリストに、違反者として記載されるので、今後銀行との取引は一切できなくなります

 

普通の状態であれば、いけない行為である、危険な行為であるという判断ができますが、ヤミ金業者の手慣れた説明、飴と鞭を上手に使い分けて、説得する話術に巻き込まれると、一般に人間は、正当な判断ができなくなってしまうので非常に危険です。

 

ヤミ金で借金をしないことが一番良い方法ですが、もう借金をしてしまった人は、これ以上直接ヤミ金業者との面談を続けないようにすることが、解決への糸口になります。

 

借金をした相手がヤミ金だとわかったら、すぐに警察や法律の専門家に相談するべきです。

 

そして、もしすでに銀行口座を売ってしまったというような場合には、口座を作った銀行と警察に連絡しましょう
早ければ早いほど、被害を最小限にとどめることができます。